2015年05月06日

超高出力レーザーポインターは優れた光学的特性


わが国では、緑レーザーポインター使用についての法的な規制は無いが、使用して他人の目に怪我などの危害を加えた場合には、傷害罪に該当するおそれがある。

子どもがレーザーポインターで遊んでいる時に、「レーザー光線が目に当たって障害を受けた」などの情報が、1997年から14件報告されている。このなかには「網膜がやけど状になり、1年後の現在も視野に後遺症が残っている」「目に当たり視力が低下した」などといった深刻な例もあった。そこで、消費者に注意を呼びかけるとともに、あわせて早急に安全対策を講じるよう関係機関に望むこととした。


3000mW レーザーポインター 超高出力 グリーンレーザー懐中電灯 3W超強力 フォーカス調整可能


一般売りされている事務用レーザーポインター グリーン 激安でしたら、少少光線が目に入っても網膜熱傷などの悪影響を与える光量は持ち合わせていません。

ただやはり通常の蛍光灯などよりもまぶしいので、虹彩の動きが間に合わず目に入ると目が痛いような感覚になりますし、しばらく焼きついたような光の残像が残ります。

猫の虹彩は人間よりも数倍能力が高いですし其処まではならないかもしれませんが、驚かせることになりますし嫌がられることは間違いナイかと。

無論「一瞬だけ」のことですので、無理矢理光線を当てつづけるというようなことは、虐待行為になるので論外です。

おもちゃ用のレーザーポインタなら、間違って光線が目に入っても大丈夫な程度に光の強さは抑えられています。

でもやはり無理矢理目に当てると駄目ですよ。


前に猫とレーザーポインター特にレーザーポインター保護手袋で遊んでいたとき、いきなりカエルのような鳴き声で「ケケッ」と鳴いたんです。びっくりして見ると、猫が口を開けて顎がカクカクすると同時にケケッというんです。


次に普及しているのが緑色レーザーです。緑レーザーポインターも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、赤色レーザーよりは価格が高いようです。一般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り緑色レーザー光の波長(532nm)は、赤色レーザー光の波長(635nm・650nm)に比べ比視感度のピークに近い波長であるため赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知れませんが、例えば同じ1mwのものを比べてみると、その差は歴然です。緑色レーザーは複雑な機構によって作り出されるため、出力が安定しづらい特性を持っています。


次に、まだまだ珍しい青い光を放つブルーレーザーですが、青色レーザーポインターはまだとても高価です。当サイトの価格をご覧いただければわかるとおり、かなりの高価格帯に位置しています。しかし、それでも科学の分野など、さまざまなシチュエーションで必要不可欠なレーザーとなりつつあるようです。また、光線を楽しむだけでも、十分魅了的なレーザーのひとつです。青い光線なんてそうそう見ることができませんからね。


http://luoye.tencho.cc/e138296.html


http://laseron.jugem.jp/?eid=15


posted by qiuqiuu at 19:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。