2015年06月11日

高いLEDライト付き緑レーザーポインターだから現場でも見えやすい


高輝度LEDライトと視認性の高い緑色光レーザーポインターをアルミボディに凝縮した、1台2役のレーザーポインターです。

物流や工事現場で威力を発揮するLEDライトグリーンレーザーポインター。高い所、遠い所、触ることのできない場所などの指示にレーザーポインターが便利,視認性の高いLEDライト付き 緑レーザーポインターだから現場でも見えやすい輝度LEDライト搭載だから、暗い所でも照明として使用可能。ベルトに取り付けられる専用ポーチ付き


ledライト付きレーザーポインター


高出力青色レーザーポインターは携帯に便利なペンタイプ 学会発表、ゼミナー、研究会などで出張の多い方に最適 社内会議、講義などの説明に便利な1000mw レーザー指示棒。天文学愛好家 - 天文学のための星を指し、発する超強力レーザーポインター 青色 光は非常に美しい青のラインである、空を観察する、それは夜空を観察するのに適している、星は場所を指摘することができます。


世界最強レーザー


レーザポインターの焦点調整方法

可変のレーザーポインター 強力は焦点を調節することによって、最高の熱効果に達する。レーザーポインターから放出したレーザー光は頭部のレンズを通して出光口の近くに焦点を 形成する。レーザー光の焦点範囲は出光口から1メートル以内範囲が限られた。出光口から10~20cm以内に調整した焦点の熱効果が一番強い。

焦点の調整方法

ちょっと暗い所でレーザーポインターのスイッチを押して、点灯しながら頭部をゆっくりまわす。対象物に照射されたレーザー光のライン幅が最少となる位置が焦点のあった位置です。頭部は最大2回まわすことにより、焦点を可変し希望のライン幅に調整することができる。

焦点の識別方法

右のほうへ回して、光のスポットを大きく似させて、ライトビーム横見ると、 出光口から照らしたライトビームのもっとも細い光点は焦点です。

焦点があわない場合

レーザ射出口のレンズに汚れがついてる可能性がある。

レンズをレンズクリーニング用の布またはガラスクリーナー等で清掃する。

焦点の確認

一番見やすいグリーンレーザーポインターの例

マッチからの10~20cm以内の所でグリーンレーザーポインターをマット等に向いて照射してみるとドット状の白斑が見える。焦点を調整しながら白斑の大きさを観察する。一番小さい白斑になるとこの距離は焦点距離だ。 200mw以上のレーザーポインターは強力猫 レーザーポインター ので、すぐマッチなどに火をつけれる。テスト時、ご注意ください。


赤色レーザーモジュール詳細

出力:5mw

波長:635nm

スポットサイズ:顧客は、自分を調整する

発散角:0.5-2.0mrad

出力バンド:可視光レーザー

動作モード:連続レーザ

インセンティブ:電気励起レーザ

作動媒体:半導体レーザ

レーザー形状:ドット状

電圧:DC 2.8-5.0(V)

電流:≤45mA

外型寸法:φ12*40mm


レーザーモジュール


http://ipinprotheme.com/?p=24313


http://blog.goo.ne.jp/50huakaijia/d/20150610


posted by qiuqiuu at 17:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。