2015年07月17日

レーザーポインター勉強になったと捉えるのがいいかもです


レーザーポインターカラス 撃退


超強力レーザーポインターのような即使用できる完成品に関して法規制がなされているのであり、部品であるレーザーモジュールやレーザーダイオードに関しては規制はないようです。

高出力のレーザーになると、本体やケースを鍵付きにしたり、使用中の警報表示、当然ながらレーザーポインター保護ゴーグル着用するなど安全管理が必要です


レーザー光の特徴

高出力レーザーポインターの最大の特徴は、高いコヒーレンス(可干渉性)。レーザー光のコヒーレンスは、空間的コヒーレンスと時間的コヒーレンスに分けて考えられています。光の空間的なコヒーレンスは、光の波面の一様さを計る尺度で、レーザー光はその高い空間的コヒーレンスにおいて、ほぼ完全な平面波や球面波を作ることができる。このためレーザー光は長距離を拡散せずに伝搬したり、非常に小さなスポットに収束したりすることが可能になる。この性質は、レーザーポインター おすすめや照準器、また光ディスクのピックアップ、加工用途、光通信など分野に用いられています。


そこで、光線を見る場合、空間にレーザーの光が干渉するような浮遊物があったほうがいいわけです。一番いいのは、演出などで使われているスモークマシンですが、これはわりと高価ですし、普段は使わないものですから、そこまでしたくないという人も多いでしょう。そういうときには、タバコの煙でレーザーの光線を見ることができます。

タバコの煙をレーザーの道筋に当てるだけでもギラギラとしたレーザーポインター 緑を見ることができますが、できれば室内にタバコの煙をある程度充満させてからレーザーを点けるとかなり光線が見えるようになります。もちろん室内の明かりを消したほうがいいのですが、高出力のレーザーなら多少明るいところでもギラギラした光線がはっきりと確認できます。



注意事項




●目の安全のために、レーザーダイオード モジュールと合わせて使用ください。

●連続使用時間は冬に10分間を超えないで、夏に5分間を超えないでください。

●人や動物に向けて照射しないでください。

●他人の住居や会社に向けて照射する等、人の迷惑かけるような行為はしないで下さい。

●車や飛行機といった乗り物に向けて照射しないでください。

●必ず幼い子供の手の届かない場所に置いてください。万が一のため、子供には触らせないで下さい。

●使用しない時には電池を抜いて下さい。

レーザーポインターの使用は自己責任でお願いします。当方では一切の責任を負えません。


https://www.favy.jp/topics/1831


http://kjbyby.net/show/aspl7y8


posted by qiuqiuu at 19:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。